「臨床アロマセラピストになる」を読んで

重い内容ですが

あらゆるセラピストさん(あるいは志望者)必読です

「臨床アロマセラピストになる」相原由花著作(BABジャパン刊行)


癒しの効果で

すでにメジャーとなったアロマテラピー



しかし日本の西洋医学界の現場で活かしてゆくには

まだまだ難しいと思います



その逆境を「患者さんのため」にと

アロママッサージを臨床に持ち込んだ

著者の勇気と頑張りに拍手です


そもそもこの本を手に取ったのは

私自身、ある症状の重い患者さんと向き合ううちに

心身ともに消耗していたからです


「患者さんのため」とは、どのくらいまでなのか?

医師や看護師の方は日々考えていらっしゃると思います

(他にも介護職の方も含まれますね)


そんな中、指圧師の立場で出来ることは?

悩んでいた時にこの本を読みました


本書は

数々の重い病気、また終末期の患者さんに対しての

(失敗や成功すべてを包み隠さず)

ケア症例が書かれています

有名な「病を見るな、病人を見よ」という言葉の通り

「患者さん」と向き合って

出来ることを精一杯やる

著者の取り組みに脱帽しました


また、こういった環境を作っている

看護師さんや医師たちのバックアップも

大切なのですね



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック