テーマ:心理

コックリさんとオカルトの父・中岡俊哉

子供の頃、夏休みになるとお昼のワイドショーが楽しみでした 「あなたの知らない世界」など心霊特集のコーナーが大好きで 心霊写真や幽霊話の再現ドラマを嬉々として見ていました そのくせ、夜になるとそれらを思いだして トイレに行くのが怖かったものです そんなワイドショーやスペシャル番組の中で 新倉イワオ氏とと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インナーチャイルドとホメオパシーの関係

最近、立て続けに読んでいるのが ホメオパシーの観点から見た インナーチャイルドに関する本です 「インナーチャイルドが叫んでいる」 「インナーチャイルドが待っている」 由井寅子著作 ホメオパシー出版刊行 ホメオパス由井寅子氏によるこの2冊は読み応えがあります 子供の時の怒り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百武正嗣さんのゲシュタルトセラピー参加しました

ゲシュタルトネットワークジャパンにて ゲシュタルトセラピーの1日体験セミナーを受けてきました 講師は前からお会いしたかった 百武正嗣さんです 今回の目的は百武さんの本を読んで 実際にどんなワーク(個人セッション)をされるのか?を すぐ目の前でぜひ見てみたかったのです そして、できれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲシュタルトセラピーで体の声を聞いてみたら

以前からヨガをやっていると あるポーズで 不思議な背中のコリの感覚が気になっていました 肩甲骨と背骨の間に 固くもなく張る感じもなく 薄い膜が覆うような感覚のコリです 痛くないのですが その部分の筋肉が引っ張られるようなコリです ゲシュタルトセラピーのワークでは 自分の体との対話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲシュタルトセラピーってどんな心理療法?

この2か月ほど ゲシュタルトセラピーという心理療法に通っています そこでセラピスト(ここではファシリテーターと呼びます)さんから受けるワーク(個人セッション)の際に 自分の中から思いもよらぬ感情や過去の記憶がどっと出てくることがあって これがなんとも(あくまでも私の場合ですが) 心身ともに堪えます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「呪詛抜きダイエット」とゲシュタルトセラピー

このところブログを休止しておりました 実は ここ2ヶ月ほど、心身の調子が芳しくない日々が続いて 不眠気味でもあり どうしたものか?と困り果てていました それでネットで探して いろいろなセラピーなども受けてきました そんな同時期に読んだのが この本です 「呪詛抜きダイエット」 著者:田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チベット体操開始から2か月経過しました

1月末からスタートした チベット体操が2か月も続いています 飽きっぽい私にしてはかなり珍しい事です 毎朝、15分ほどで終わるので続いているのかもしれません 面白いのは 同じポーズなのに、その日によって 辛い時もあれば スイスイ楽にできる時もあり つくづく体の調子の不思議さを感じております …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チベット体操を始めて1か月経過で感じた変化

1月末からスタートしたチベット体操 奇跡的に継続しております 毎朝15分ほどで終わるので 習慣にさえなれば(←ここが難しいところですが) あとは無心に続けるだけなので簡単かもしれません ただ、本当は毎週2回づつ回数を増やして 最終的には各ポーズ21回づつ行うことで完成するのですが 私はやりや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チベット体操を始めて1週間経過しました

チベット体操をスタートして まだ7日しか経過していませんが 私としては奇跡的なことです(笑) 最初のころは第二のポーズで 仰向けで両足を持ち上げる動作が 苦しくてしょうがなかったのですが 3日目くらいから少し楽になってきました 腰痛があるので 無理して痛めたらと不安だったのですが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指圧師にも大切な”セラピストマインド”

ヒーラーやセラピスト、カウンセラーなど (もちろん指圧師もそうですが) 「人を癒す」仕事をしている人に対する 心構えを説いた本です 「セラピストマインド」片岡美沙著作(致道出版刊行) 大学院などで学ぶ臨床心理士は 指導者から教育分析(自分自身の精神分析)をしっかりして クライアント(患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍼灸ミステリー小説の続編!「鷹野鍼灸院の事件簿」がお勧め!

鍼灸師を主人公にした珍しいミステリー小説の続編です 「鷹野鍼灸院の事件簿 謎に刺す鍼 心に点す灸」乾緑郎著作(宝島文庫) 新米鍼灸師とカリスマ鍼灸師?の迷コンビが 患者さんに起こる事件を解決してゆく第二弾 当然、猟奇的で派手な殺人事件は起こりませんが 患者さんの症状やその環境から事件(=騒動?)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍼灸ミステリー小説「鷹野鍼灸院の事件簿」!

鍼灸師が事件を解決するミステリー小説が あるって事を今まで知りませんでした! 「鷹野鍼灸院の事件簿」乾緑郎著作(宝島社文庫) 新米鍼灸師の勤める鍼灸院 その師匠であるスゴ腕鍼灸師が難事件を解決するという 筋立てです 単なるミステリーではなく 鍼やお灸による治療法の解説(←分かりやすい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実話怪談集?「山怪」のじんわり怖い世界

すごい人気のようですね この山の怪談本は! 「山怪 山人が語る不思議な話」田中康弘著作(山と渓谷社刊行) 実話怪談というより 不思議な怪異を集めた体験談といった形でしょうか 著者が直接会って聞きとった話は 付き合いのあるマタギや 山で実際に暮らしている人たちの生活感が出ていて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書くだけで毎日がうまくいく!「ほめ手帳」のやり方

このブログでも何回か取り上げた ほめ日記の著者 手塚千砂子さんの本です 「たった一行書くだけで毎日がうまくいく!ほめ手帳」手塚千砂子著作(青春出版社刊行) やり方は超シンプルです 手帳に毎日一行「ほめる言葉」を書き込むだけです! どうしても日本人は ”ほめ下手”や”ほめられ下手”気質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ化も!「わたしのウチには、なんにもない。」という捨て変態さんコミック

捨て変態と自らを呼ぶ(笑)女性のコミックエッセイです 「わたしのウチには、なんにもない。」ゆるりまい著作KADOKAWA刊行 10代で汚屋敷&汚部屋からの脱出を試みるも 家族の反対・抵抗で挫折(笑) いろいろと試行錯誤した後 仙台在住の著者は 東日本大震災を経験 部屋にあった物たちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「引き寄せの法則」に最適な教科書ガイド発見!

「引き寄せの法則」に最適な 教科書ガイドを発見しました! 「誰も教えてくれなかった引き寄せの秘密」清水美ゆき著作(ヒカルランド) 毎日、必死になって アファーメショーンしても効き目なし! 紙に書いても効き目なし! 瞑想しても効き目なし! 引き寄せの法則なんかウソだ~!!と引き寄せジプ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20冊以上の”引き寄せ”本を読んで理解した事

この春から 引き寄せ関連の本を沢山読んできました なんだかこのところ・・・・・・ 引き寄せ本を”引き寄せ”ているような状態です(笑) 上記の画像にあるような本だけではなく 著者によって 引き寄せの解釈やルールは 似たところもあれば 細かいところでは かなり差異もありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実験から3カ月経過・本当にアファーメーションって効き目があるの?

アファーメーションを続けて約3カ月経過しました 最初の頃は 繰り返しアファーメーションを唱えていると 脳内ネガティブトークが減って とっても気持ちが楽になってきました イイ感じに人生も変わってくるかも?と期待しました また、今まで驚くほど沢山のネガティブな考えが 思考の中に流れ続けていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛の指圧を受けて心身ともに軽くなりました♪

このところあまりに腰痛がひどく 何度も夜中に目が覚めてしまうため 困窮状態を訴え(汗) 指圧研究会のみなさんに指圧をしていただきました うつ伏せで丁寧に腰部の硬結を繰り返し圧してもらい 仰向けで腹部の奥になるシクシクした痛みと硬い部分をじんわり手掌圧 鼡けい部~下肢も圧していただいて なんど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SF映画に宇宙人は必要なのか?と考えた映画「インターステラー」(※ネタバレあります)

前から評判になっていたSF映画「インターステラー」 ようやく映画館で観てきました! ストーリーは壮大すぎて ここでは説明しきれません(笑) とにかく内容は素晴らしいのですが いかんせん上映時間が3時間近くあり トイレを我慢するのが大変でした(汗) これまでは 宇宙を舞台にしたS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に前世を証明できるのかを探求する

前世療法について 丁寧かつ学術的なアプローチで研究している本です 「前世療法の探求」稲垣勝巳著作(春秋社刊行) 著者は学校の教員で もともとは生徒たちの乗り物酔い防止や集中力アップなどを 催眠によって改善することを目的に行っていたそうです しかし、ひょんなことから前世療法を行う機会があり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢がかなうとき、本当は「なに」が起こっているの!?

読むと元気になれます! 「夢がかなうとき、『なに』が起こっているのか?」石田久二著作(サンマーク出版刊行) 著者の前作「宇宙となかよし」(評言社刊行)も 物語風で楽しく読めました 今回は実践本です 夢をかなえたいなら!! 紙に書こう! 実はこの方法 誰でもやってるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「1万円起業」の著者の1冊目を読んでみました♪

巷で売れているようですね 「1万円起業」(飛鳥新社刊行)という本 「おっと思わせる」タイトルも良いです さて、話題のこの本の著者のクリス・ギレボーさんの1作目も 邦訳されて読むことができます それがこの本です 「常識からはみ出す生き方」講談社刊行 そもそも 安い賃金労働に嫌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめ日記をつけて3カ月経過します

6月からほめ日記を書き始めて そろそろ3カ月が経過します 以前、1カ月経過したところで ブログにも書きました さて、その後の変化ですが・・・・・ ※この3カ月で変化したことは ◎自分の心の変化やほめる事を見つけやすくなった ◎失敗したと思ったり 落ち込みのクセは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほめ日記をつけて1カ月経過しました!

本を読むだけじゃ変わらない という訳で 実践してみました! 「ほめ日記自分新発見」手塚千砂子著作(三五館刊行) 「ココロとカラダのセラピーブック」手塚千砂子著作(学陽書房刊行) 用意するのはノートとペン 後は1日1回(でも何回でも) 自分をほめることを書き続けるだけ 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?という謎を解明

稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか? 上手いタイトルですね! 「稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか?」亀田潤一郎著作(サンマーク出版刊行) 著者が父親の借金の一部の返済を 肩代わりしてお金の苦労を重ね その後、税理士として様々なお金持ちとお付き合いすると 長財布を使う人はお金持ちになり しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「臨床アロマセラピストになる」を読んで

重い内容ですが あらゆるセラピストさん(あるいは志望者)必読です 「臨床アロマセラピストになる」相原由花著作(BABジャパン刊行) 癒しの効果で すでにメジャーとなったアロマテラピー しかし日本の西洋医学界の現場で活かしてゆくには まだまだ難しいと思います その逆境を「患者さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シータヒーリングの本を紹介します

前から気になっていた シータヒーリング 2冊の本を読みました 日本の医師が書いた「シータヒーリング」串田剛著作(BABジャパン刊行) シータヒーリング自体を作り上げた女性が書いた翻訳本の 「シータヒーリング」バイアナ・スタイバル著作(ナチュラルスピリット刊行) このシータヒーリングは プ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ザ・シークレット」などスピリチュアル系DVD映画

スピリチュアル系の本は いろいろと読んでいましたが こういったジャンルの映画も DVDになっているのですね レンタルビデオ店にて借りてきました 「ザ・シークレット」と「ザ・シフト」のDVD 「ザ・シークレット」は数年前に本が話題になりましたが 当時、本を読んでもアメリカのギラギラした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己流ロングブレス2カ月経過報告書

先日、テレビで ロングブレスダイエットを紹介していました ある人は 3ヶ月で30キロ減量など凄い効果が出ていましたね(汗) 腹式呼吸を繰り返し 体幹のコアな筋肉を作ってゆく作業のようです 見ているとかなりな運動量ですね(汗) 一方、私の呼吸法は自己流です 3秒吸って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more