テーマ:心理

自己流ロングブレス+丹田呼吸法で1カ月経過報告書

いま流行のロングブレスと丹田呼吸法を自己流で続けて 1カ月ほど経過しました やり方は 3秒吸って 7秒吐く できるだけゆ~~~っくり呼吸します そして腹式呼吸で丹田(へその下やく3センチのあたり)を意識するだけ 1カ月で 体重は減りませんでした(汗) しかし大きな変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森達也の「オカルト」から視えるんです?

ドキュメンタリー映画監督の 森達也氏の本 「オカルト」角川書店刊行を読みました 超能力・UFO・霊現象などオカルトとよばれるものについて 取材をしたオカルトノンフィクション こちらが目を向けるとするりと隠れて 気をそらすとちらりと視界の隅に現れる 科学的に実証できないと学術的研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己流呼吸法+ロングブレスを継続中です!

先日、ロングブレスについていろいろ書きました 私は正式なロングブレスのやり方ではなく 自己流の呼吸法ですが 今も継続しております その後の効果についてご報告させていただきます 残念ながら体重は特に減らず(汗) 現状維持のままです・・・・・・・・・・ しかし経験するうちに変化もありました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観ると幸せな映画「ミッドナイト・イン・パリ」(ネタバレあり)

ウッディ・アレンの最新作「ミッドナイト・イン・パリ」 作家に転身したいと悩むアメリカ人の脚本家があこがれのフランスに旅行中 真夜中のパリを散策するうちに 憧れていた1920年代へとタイムスリップする・・・・・・・・ といってもSFではなく(やはりウッディ・アレンなので) ファンタジーとして …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

17年ぶりに山川健一の「ヒーリング・ハイ」を読むと・・・・

久しぶりに手にとりました 「ヒーリング・ハイ」山川健一著作(幻冬舎文庫刊行) 刊行されたのが1995年なので もう17年前の本なのですね 文庫化されて改めて読みましたが 当時、私には良く分からなかった事が ようやく現在2012年になって理解出来きました あの頃は「オーラが見える」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「納棺夫日記」を読んで

映画「おくりびと」の原作となった本です 「納棺夫日記」青木新門著作(文春文庫) たまたま葬儀社で働くことになり いろいろな葬儀の場で遺体の湯灌をする筆者 死を見つめることで見えてくるもの 人間のエゴや現代の宗教への批判 これを難解な哲学的文章ではなく 非常に分かりやすく伝えてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒプノセラピーも十人十色の時代に

近年、すっかりポピュラーになったヒプノセラピー 「対話形式でよくわかる こわくない催眠療法」藤野敬介著作(ハート出版刊行) さて書店でもたくさんのヒプノセラピーに関する本が並んでいます 本書は実際にヒプノセラピーを受ける際の クライアント側の心構えや 理論を丁寧に説明しています どちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖さがじわじわ来る映画「ゴーストライター」

英国元首相の自伝のゴーストライターを 頼まれた男が暴いた衝撃の真相とは??? 久々にじわじわと来る映画でした ゴーストライターの前任者が謎の死を遂げて 後任に選ばれた主人公ユアン・マクレガー 設定もスーパーヒーローではなく あくまでも非力な文科系のオジサンです しかし、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケアマネさんの包み込む傾聴話術に聴きほれる

先日、ある高齢の患者さんとケアマネージャーさんとの ミーティングに参加する機会がありました そんな中で 病院で医師の対応がひどかったとケアマネージャーさんに 訴える患者さんとの会話をお聞きしていると・・・・・ ケアマネージャーさんの相槌の打ち方がとても 雰囲気が良いのです 「そう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

精神科医と霊能者がタッグを組んで治療する!

精神科の医師が 霊能者と共に多重人格の患者さんを治療するという驚きの内容の本です 「人格解離」小栗康平著作(アールズ出版刊行) 前作の「マイナスエネルギーを浄化する方法」も 霊能者との出会いや 憑依霊を浄霊する治療を始めてゆく いきさつなどが描かれていて とても面白かったです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホ・オポノポノ実践記を読んで

世の中に広まってきた ホ・オポノポノ ヒューレン博士やこの概念については すでにいろいろな方がたくさん書いていますね この概念を日本で紹介した著者の本です 「とんとんのホ・オポノポノ実践記」河合政実著作(ソフトバンククリエイティブ刊行) 自己啓発オタクを自称する著者が 長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医師による前世療法CDブックを読む&聴く

CDを聴きながら自分の過去世を探る 「前世療法体験CDブック」萩原優著作(マキノ出版刊行) 医師による過去世への誘導催眠がCDに録音されています 催眠に慣れていない人や いきなり過去世のイメージが出てこない人のために (もちろんこういった人が私を含めて大部分だと思いますが) 最初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ変わりを科学的に証明?

フジテレビの「奇跡体験アンビリーバボー」で 昨年秋に放映された 日本人女性がネパール人の村人であった前世を語り さらにしゃべれるはずもないネパール語を話す記録映像 また番組スタッフが実際に ネパールにその村人が語った村が実在するのか? と取材に行ったレポートをご覧になった方も多いと思います …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辛口な江原啓之氏の本「スピリチュアリズムを語る」

この本の江原啓之氏はハードです 「スピリチュアリズムを語る」江原啓之著作(PARCO出版刊行) 「オーラ」や「スピリチュアル」という言葉を 世に広めてゆくために 数々のテレビ番組にも出演してきた江原氏 しかし、世の中はまだまだ「スピリチュアリズム」を誤解しているという …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災で役に立った手回し充電ラジオ

震災から3週間以上経過しても 乾電池がなかなか手に入らない状況が 続いていますね これは 数年前に購入した 手回し充電式のラジオです 新潟中越地震の際に 買っておこうと量販店で購入しました 取っ手が付いていて これをグルグル回すと充電されます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手出版社の高待遇に驚き「リストラなう!」を読む

あの池上彰さんも某TV番組の中で これはいま注目ですと取り上げていました 「リストラなう!」綿貫智人著作(新潮社刊行) 大手出版社の早期退職優遇措置で辞めることを決めた 45歳の営業マンが 退職の日までの2カ月をブログに綴った記録です とにかく驚くのが大手出版社社員の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂の処方箋と最近のホメオパシーバッシング

精神科医越智啓子さんと産科医池川明さんの対談集 「魂の処方箋」(牧野出版刊行) 赤ちゃんは 両親を自分で選び 人生のシナリオも自分で決めて 生まれてくるそうです 過去世や生まれ変わりなど スピリチュアルなお話が主な対談内容ではありますが 中絶・流産や不妊治療など 医学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フツーの主婦がチャネラーになる時・・・・・

スピリチュアルに目覚めて 自分や他の人たちにその能力を役立てるのは なかなか大変で難しいこともあります 今回、ご紹介する本は 「フツーの主婦がチャネラーになっちゃった!」うさ著作(きこ書房刊行) ごく普通の主婦が ある日、突然チャネリングができるようになって(汗) ご自分でヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにお会いした患者さんに指圧して気付いたこと

先日 ある患者さんを4年半ぶりに指圧する機会がありました その方の昔のカルテが見当たらなかったのですが 施術しているうちに いろいろと思い出してきました! 私:「口内炎はその後どうされました?」 患者さん:「あ!そういえばあれから治って出ませんね・・・」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の自分からアドバイスをもらうワーク

先日、地元の役所が主催する 高齢者のケア従事者向けの講習に参加してきました (主にケアマネージャーさん向けの講座だったようです) 介護の仕事は 肉体労働もありますが 感情労働の側面もあります 患者さんから重い話をず~っと聞かされて 帰る頃にはぐったり疲れることもしばしばあります そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重計ダイエット=アルコール禁止の法則

昨年から体重計に1日1回乗って 必ず自分で計測していました いわゆる体重計ダイエットです (以前、このブログでもその成果は何回か書きました) このダイエット法は本当に効果があります まさに自分の健康が可視化されるわけです だいたいいつも71~72キロで (ちなみに私の身長は170セン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪廻転生を信じると人生は変わる!?山川さんとの出会い

書店で見てもかなり売れているみたいです! 「輪廻転生を信じると人生は変わる」山川紘矢著作(ダイヤモンド社刊行) 「アウト・オン・ア・リム」や「ザ・シークレット」の翻訳で有名な山川紘矢さんの本です 実は12年くらい前に 月一回、男性だけを集めた精神世界の本の読書会 「なまけもの読書会」に2年ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長寿の秘訣とその心得

とある新聞に100歳以上の方への それぞれの長寿の秘訣に関する記事が載っていました その中で、あるご老人(112歳!)の言葉に ハタと膝を打ちました 「思う事が思うがままにならぬのが かえりておのが身のためこそ」 こう考えると苦労も吹き飛ぶそうです 人間は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんとにあったら嫌な山岳実話怪談(汗)

NHK衛星第二放送で 怪談話の番組を放送していたのを見ました 芸能人や作家の人達が 持ちネタ?の怪談を次々と語ってゆく NHKらしからぬ怖い番組でした その出演者の中で 山にまつわる怪談を集めたり 実話怪談を書いている 安曇潤平さんの語るお話が物凄く恐ろしくて… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魂医・越智啓子先生講演会に行ってきました!

先日、越智啓子先生の東京講演会に行ってきました このブログでも何冊か著作を紹介させていただきましたが 精神科医にして過去世療法もおこなう不思議な先生(←人は”魂医”と呼ぶ・笑)です 講演会に行くのは10年ぶりくらいです 大人気でチケットもなかなかとれないようですが ふと思い立ってチケット申し込み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンクロニシティが起きるとき

今回ご紹介する本は 「シンクロニシティが起きるとき」スーザン・M・ワトキンズ著作(VOICE刊行) よくあるプラス思考の自己啓発本ではなく 著者が若いころ(1960年代!)から記録してきたシンクロニシティと それにまつわるエピソードをエッセイ風に書いた作品です 細かな夢やシンクロニシティを記録し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実話怪談本を読みすぎるとキケンです

図書館で とある実話怪談集の本を一冊借りて読みました 著者は平谷美樹という作家の方で いわゆるキワモノ的な読み物ではなく 真摯なスタンスで 実際にあったことのみを書いてあるので これは興味深い! そして「怖ぇ~~」と読み始めました そしてシリーズとして何冊か出版されているのを知り …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヨガ生活を再開してみて思ったこと

4年くらい前から市民体育館のヨガ教室に通ってます この半年くらいはサボり気味だったのですが 先月から、また通い始めました 自宅でも仕事の前には 自分でストレッチも含め 覚えたポーズをいくつかやって 身体をほぐしてから患者さんに施術すると疲れません 左右の歪みもかなり是正されるので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にあった嘘のような不思議な偶然の一致(←長いっ!)

不思議な「偶然の一致」体験は 誰でもされていると思います いわゆるシンクロニシティですね 今回ご紹介する本は 「本当にあった嘘のような話」マーティン・プリマー+ブライアン・キング著作(アスペクト刊行) 世界中で起こった偶然の一致の事例を集めた本です スピリチュアル・オンリーというより …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホ・オポノポノ」について

つい読みました! 「ホ・オポノポノ」イハレアカラ・ヒューレン著作(徳間書店) この本の内容はすでにご存じの方もたくさんいらっしゃると思います 方法はシンプルです 潜在意識の中の記憶を消去する それだけです ・・・でも、それが難しいのですが(汗) その際の言葉は ありがとう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more