あの世の歩き方をガイドする本?

いつも面白い(毒もちょっぴり隠し味?)レポートをマンガで描いている辛酸なめ子さんと 離婚式や涙活などユニークなイベントを行っている寺井広樹さんの共著です 「あの世の歩き方」(マキノ出版刊行) 12人の あの世を垣間見た人 あの世とこの世を行き来するひと あの世を研究する人 へのインタビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドガー・ケイシーの映画「リーディング」を観てきました!

前から気になっていた エドガー・ケイシーのドキュメンタリー映画「リーディング」を観てきました 映画館での上映だけでなく 自主上映会という形で日本各地にて公開されているとの事 私も都内の区民会館の自主上映会で観る事が出来ました (当日はキャンセル待ちが出るほど大盛況でした) ごく平凡なアメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問マッサージは新書式同意書が必要に!?

今月からの同意書発行期限が6ヶ月となりますね 私は口頭同意ではなく 毎回、主治医の先生に再同意書発行して頂いております 新書式の同意書の記入欄が大幅に増えて 果たしてスムーズに記入していただけるだろうか? と不安な気持ちでおります 厚労省保険局医療課から10月1日付けで 「はり、きゅ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大リーガーだった前世を記憶する少年

ある日、自分の子供が 「昔、僕がお父さんみたいにのっぽだった時」と話し始めたら… しかも、往年の大リーガーであるルー・ゲーリック選手の写真を見て 「これは僕だよ」と言い始めたら… 「ぼくはのっぽの大リーガーだった」キャッシー・バード著作(ナチュラルスピリット刊行) しかも、ほんの2~3歳の子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「カメラを止めるな!」をハリウッドリメイクするなら(※ネタバレなし)

ようやく観てきました! 話題の映画「カメラを止めるな!」 阿佐ヶ谷ユジクは超満員でした さて、冒頭の37分ワンシーンワンカットのゾンビ映画が 実は○○○○○なワケですが(笑) いやぁ~面白いけど話せない! これは実際に映画館でぜひ観てください! これだけ全国で口コミの拡大ロードショー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なるべく働きたくない人のためのお金の話

まず何より 本のタイトルに惹かれて読みました 「なるべく働きたくない人のためのお金の話」大原扁理著作(百万年書房刊行) 前作の年収90万円!で隠居生活の内容も (一人暮らしをしていたころの私も同じような暮らしをしていました・汗) 今回はお金との付き合い方について書かれています 隠居するまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指づくりで小指の弱さに気づきました

本当に奥が深いです指づくり! (何度もこのブログで書かせてもらいましたが) 拇指はもちろんですが 四指もそれぞれ鍛えられます 私の場合、肩甲下部で 左拇指下の指圧などは 正直、左拇指の感覚がかなり曖昧です(汗) 指圧師になってキャリアは長いのですが恥ずかしい限り… 今ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指圧師になる前に出会った衝撃の本です・その2

20年以上前に読んだときは衝撃的でした!! 「光の手・上下巻」バーバラ・アン・ブレナン著作(河出書房新社刊行) しかも、いまだに版を重ねているロングセラーですね 当時、ヒーリングやオーラという言葉もまだまだ珍かったので この人の治療法は東洋でいうところの気功の一種なのか?とも思っていましたが 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本心霊科学協会で瞑想してきました!

どこか瞑想できる場所はないか?と いろいろネットで探して見つけたのが 公益財団法人日本心霊科学協会です 場所は西武新宿線下落合駅から徒歩5分ほどです 戦後すぐに協会が結成され 心霊について様々な研究がおこなわれており なんと若い頃の江原啓之氏も通われたそうです 年に何度か講演会もあり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィパッサナー瞑想で丁寧に味わう

今年から我流で呼吸法をやり始めて 次第に瞑想にも興味が出てきました 瞑想会にも参加し始めましたが 本で調べると瞑想にもいろいろと種類があるそうです 一つのイメージを思い浮かべて思考を留めるのをサマタ瞑想というそうです また、思考の流れをただ見つめてその一つ一つに気づくのがヴィパッサナー瞑想との事 サマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家康&秀吉に続け!浜松の”出世”パワースポット

浜松に出世への霊験あらたかな神社があると聞いて 行ってきました! その名も東照宮(引間古城址)です ここは浜松城を築城するまで家康が居城していた引間城があった場所です (住宅街にポツンと建立されているのが印象的でした) 驚くのは時代が遡って 豊臣秀吉がまだ少年の頃、この城で働いていたそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引きこもりがスカウトされて占い師になったら人生が一変した話

長いタイトルですが ためになるコミックエッセイです 「引きこもりがスカウトされて占い師なったら人生が一変した話」卯野たまご著作(竹書房) 以前からこの著者のコミックエッセイは何冊か読んでいましたが 漫画家を目指しつつ占い師になる前後の苦労話や 実はすごい師匠「おじい」の秘密プロフィールや若い頃のエピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指圧師になる前に出会った衝撃の本です

オステオパシーの治療家による名著です 「いのちの輝き」ロバート・C・フルフォード著作(翔泳社刊行) 20年以上前に翻訳本が出版されましたが 今も版を重ねているロングセラーですね アメリカのオステオパシー治療家が豊富な症例を読みやすい形で紹介してくれていますが それだけでなく 西洋医学だけに頼ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問マッサージ受領委任制度の申請に行ってきました

受領委任制度の申請に行ってきました 保険を使った訪問マッサージでは あんまマッサージ指圧師は 受領委任制度を取り扱うため 厚生労働省に申請しなくてはなりません 正式な制度スタートは2019年1月からですが 早めに申請してみました 厚生局のサイトから申請用紙をダウンロードして記入し …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世田谷文学館で”渋谷系”を堪能する

蘆花公園のほど近く 世田谷文学館へ行ってきました 信藤三雄回顧展「ビーマイベイビー」 信藤三雄って誰?と 思ったのは私だけではないと思います レコードジャケットやCDジャケット、ポスター等のアートディレクターとして 有名な方だそうです 私もたまたまチラシを見て ピチカートフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問マッサージの受領委任制度&新様式同意書あれこれ

来年から始まる受領委任制度の申請書が いつの間にか 厚生労働省の厚生局ウェブページに開設されていました(汗) 今年の10月末までに上記の確約書や施術所の申し出など記入して 免許証コピーや住民票の写しも取って 各地元の厚生局事務所へ提出する必要があるそうです (※詳細はお住いの各都道府県厚生局の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問マッサージ療養費改定で収入減決定(涙目)!

冒頭から申し訳ありませんが 今回は愚痴です(笑) 以前も2018年6月から改定になった 訪問マッサージの療養費についても書きました 今後は10月から同意書の記入型式も変わります 患者さんの筋麻痺や筋委縮に関節拘縮の部位 そして往療を必要とする理由など かなり詳しい内容を主治医に書いて頂く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の自分に出会えば、病気は消えていく

タイトルと内容共に興味深い本に出合いました 「本当の自分に出会えば、病気は消えていく」梯谷幸司著作(三笠書房刊行) メンタルトレーナーの著者はクライアントの心に働きかけて 病気を発症させていた歪んだ思い込みやセルフイメージに気づいてもらい その思考がどこから来たのかを分析し イメージの書き換えを行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瞑想会に初めて参加しました!

いままで自己流で呼吸法をやっていましたが 専門家にレクチャーを受けてみたいという気持ちが ふつふつと湧いてきました そこで渡邊愛子さんの著書を以前から読んでいたので ホームページで瞑想会の日程を調べると グッドタイミングで予約ができました! 当日、ドキドキしながら神宮前の瞑想ルームに行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き寄せ実験でバナナを引き寄せる

引き寄せを科学し実験実践する本です 「引き寄せ実験集」濱田真由美・山田ヒロミ著作(BABジャパン刊行) まず、なぜバナナを引き寄せるのか? ◎執着する必要がない(←心の底からバナナを欲しがる人はかなり少ないはず・笑) ◎心のブロック関係なし(←バナナのトラウマとかを心配する必要なし・笑) ◎あまりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more