杉並にあった映画館を訪ねる旅

杉並区の郷土博物館分館で

「杉並にあった映画館」企画展を見てきました


これはチラシです

画像



画像


(※館内は撮影禁止でしたので展示物の画像はアップできませんが)

貴重な映画館の番組案内(プログラム)や映画ポスター

当時の映画館の様子を写した写真の数々など楽しめました


私も西荻窪駅南口の飲み屋街の中に

古びた映画館があったのを記憶しています

(当時はこのピンク映画上映館も閉鎖されて廃墟になっていましたが)

さらに幼年期のうっすらとした記憶では

西荻南口のバス通りの山中病院のそばにも映画館があったような

なかったような・・・(あれは夢か幻だったのでしょうか)?

荻窪駅そばのボウリング場のあるビルにも

映画館がありましたねぇ・・・


(確かまだ1990年代初頭には

足をのばせば吉祥寺にはテアトル吉祥寺

日活ロマンポルノの上映館も中央線の高架近くにひっそりとあって

さらにその先の三鷹オスカーや三鷹文化も80年代後半には通いました

青春時代のしょっぱい想い出ですね)



戦前から

杉並区には現在のJR中央線の各駅に

たくさんの映画館があり

当時は映写機から(フィルムも可燃性で)発火する危険性があり

銭湯(消火用の水の確保のため?)の近くに

映画館を建てたというエピソードは面白かったです


さて戦後は昭和20年~30年代半ばまでが映画館の全盛期で

一般家庭にテレビが普及する昭和40年代初頭までに

杉並でも映画館の閉館が相次いだようです


なんと!永福町の南口商店街にも映画館があったり

あの関東バスが西荻窪の北口に大きな映画館を経営していたり

高円寺南口の西友ストアーが映画館の跡地に出来たとはまったく知りませんでした



近年、残念なことに

都区内の有名な名画座が相次いで閉館しています

2020年の東京オリンピック前後に街並みもさらに激変して

これから20年後くらいには

映画館で映画を観る行為も消えてゆくかもしれません・・・・

昭和の東京 映画は名画座
ワイズ出版
青木 圭一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 昭和の東京 映画は名画座 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京映画館 映画とコーヒーのある1日 (キネマ旬報ムック)
キネマ旬報社
2015-07-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京映画館 映画とコーヒーのある1日 (キネマ旬報ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"杉並にあった映画館を訪ねる旅" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント