SF映画に宇宙人は必要なのか?と考えた映画「インターステラー」(※ネタバレあります)

前から評判になっていたSF映画「インターステラー」

画像


ようやく映画館で観てきました!

ストーリーは壮大すぎて

ここでは説明しきれません(笑)



とにかく内容は素晴らしいのですが

いかんせん上映時間が3時間近くあり

トイレを我慢するのが大変でした(汗)

これまでは

宇宙を舞台にしたSF映画というと

まぁ、宇宙人が出てくるのが

ある種の定番&お約束であり

スピルバーグ先生の「未知との遭遇」や

ルーカス御大の「スターウォーズ」

「スタートレック」に「プレデター」に「アバター」など

あげればきりがないですが

敵や味方になる地球外生命体と

どう付き合ってゆくのか?といった

テーマがあったのですが・・・・・・・


(※ご注意!!この先ネタバレあります!!)




この映画では

実は宇宙人が出てきません!!

というか

宇宙人否定しています(笑)


人類の英知で

地球の危機(←人々は食糧戦争に疲弊し、すでに生存を諦めていて?宇宙開発や科学を否定している)を

乗り越えるチャレンジ精神を描いています


苦しいことや都合が悪いことも

解決策を

宇宙人に丸投げせず

自分たちで

ちゃんと解決しましょう!

それだけの力が人類にはあるのです


とクリストファー・ノーラン監督は云ってるように感じました


あと、劇中のカンペンケース(←懐かしい)のような人工知能ロボットが

すごく気に入りました!

会話のユーモア度設定や

人間に対する正直度設定とか自由に変えられて(笑)カワイイです

しかもいざというときは頼りになる相棒に!!

こんなロボットがうちにも1台欲しいです♪


インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-04-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"SF映画に宇宙人は必要なのか?と考えた映画「インターステラー」(※ネタバレあります)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント