グレース・ケリーVSニコール・キッドマン 映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

幅広い役柄を演じ

様々な監督とも組んできた

女優ニコール・キッドマン

で今回、

伝説のハリウッド女優

グレース・ケリーを演じるとのことで楽しみにしていましたが・・・・・

映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

画像


モナコ公国のレーニエ3世のもとへ嫁いだ

”ハリウッドスター”でアメリカ人のグレース・ケリー

誰もが知る華麗なるシンデレラストーリーとばかり

思っていましたが

やはり現実は厳しかったのですね


映画では

フランスのドゴールによる内政干渉や

モナコ公国の王家内部の人間関係や陰謀

そしてなにより夫婦(身分も環境も違いすぎることもあって)の不協和音を

描いています


そして、ヒッチコック監督が自らモナコを訪ねて

ハリウッドで女優復帰しないかと

誘われますがその話も周囲の反対や圧力から

諦めなくてはならない

「私はお城の中で自由のない生活を送るシンデレラだったのか?」

といったグレース・ケリーの苦悩もまた

よく描かれてはいます

(その幻の主演復帰作が「マー二ー」だった!)




そうした内憂外患で揺れるモナコ公国の危機に際し

大公妃グレース・ケリーとして自覚を持ち

愛する家族のために

立ち向かってゆく姿をニコール・キッドマンが

頑張って演技してるのですが・・・・・・・

何かもやもやします


やたらと顔のアップが多用され

メイクなのか(整形?)

後半の赤十字舞踏会のシーンでは一瞬

グレース・ケリーに見えなくもない


妹分ナオミ・ワッツがダイアナ妃を演じたなら

私はモナコ大公妃よ!


・・・・・・・と言ったがどうかは分かりませんが(汗)


無理にグレース・ケリーの姿に似せようとするから

(もちろん観客もそれを期待していますが)

映画全体がぼやけてしまったような気がします


ティム・ロス演じるレーニエ3世は

劇中、ただフランス政府にオロオロするだけで

「おかあちゃん、後は頼んまっせ!!」と

グレース・ケリーに丸投げしたような感じにしか見えません(汗)

ちょっと残念でした


グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]
ギャガ
2015-04-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"グレース・ケリーVSニコール・キッドマン 映画「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント