自分の過去世を調査検証する本

数々ある過去世について

書かれた本の中でも

異色だと思います

「5000年 時空の旅」ジェニー・コッケル著作


5000年ブログ本.jpg


イギリス人の著者は子供の頃からサイキック能力があり

予知などしてきたそうです

そんな中、ありありといくつかの「過去世の情景」が浮かぶこともあったといいます


特にアイルランドで貧しい女性として生きた

自分の直前の過去世を詳細に「思い出」して

当時の住所や近隣の地図も書けるほどでした

そして

幼い子供たちを残し若くして亡くなった事を

今の自分の人生でも悔やんでいるのでした


著者の凄いところは

その子供たちの事が気がかりで

公的機関や図書館、新聞社などに手紙を書いて

過去世の当時の記録を調べ始めます

数年かけて(!)コツコツと調べるうちに

アイルランドの小さな町の住所を見つけ出します

その周囲の古くから住む人たちの協力も得て

自分が亡くなった後の子供たちの記録も調べ

ついに実際の長男と再会します!!


その長男を介して

他の子供たちとも再会するのですが

なかなか自分たちより年下の女性が

急に訪ねて来て

「過去世の母親」との理解が得られませんでした(まぁ、そうですよね・汗)


しかし、母とその家族しか知らない

エピソードを話してゆくことで

だんだんと距離を縮めるところに感動します


このケースでは現代と時代も近く

公的書類も数多く残っているため

過去世の人物も調査して浮かんできましたが

他の過去世を基に

記録を調べても

途中で頓挫するケースもあるそうです


幕末の頃の武家の?娘の過去世を調査するため

日本のテレビ局の協力を受けて

著者も来日して北九州市を調査取材するエピソードは

読んでいてワクワクしました

ただ、過去世を「キワモノ」として扱う

番組内容や日本人スタッフとのカルチャーギャップもあり

その時の調査はうまくいきませんでしたが

帰国後、挫けずに日本人の協力者を見つけ

自らも日本語を学んで調査以来の手紙を書き

当時の娘の家族らしき一族にまでたどり着きます


どちらの過去世も調査することで

著者の魂を超えて心の中にあった

”わだかまり”が消えてゆく体験が書かれており

自分で過去世を実地調査・体験する方法で

(誰でも出来る方法ではないですが)

魂レベルで浄化・進化してゆくこともあると感じました


ちなみに著者はヒプノセラピーで

今の人生が終わった後の

数十年後の未来世ヴィジョンも体感もしており

未来の地球は人口が減少しているイメージがあったそうです

となると、近未来では何が起こっているのでしょうか(汗)?


今この人生でいろいろと抱えている感情や問題は

ひょっとすると過去世からくることかもしれません…

それらを解決することでこの人生や

未来世までも影響を受け

良い方向へ変わってゆく可能性があることを

この本を読むことで一層実感しました
過去世-未来世 5000年時空の旅 - ジェニー・コッケル, 島本 薫
過去世-未来世 5000年時空の旅 - ジェニー・コッケル, 島本 薫

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント