わかりやすい慈悲の瞑想入門

慈悲の瞑想を続けてそろろ3か月経過

効果が出ているような気がします


まずは自転車に乗っていても

サッと道を譲る自分に気が付いて

驚きました!

以前なら、多少マナーの悪い人や自転車に対しても

「しょうがないな(怒)」

といった気分でイヤイヤ道を譲ったりしていましたが

現在は、ごく自然な感じで

街ゆく人たちに慈悲の瞑想をしながら

「お先にどうぞ!」と穏やかな運転しております



既存の仏教書など読んで

「厳密に慈悲の瞑想をやるのも苦しそう」といった人に

入門編といった感じのお勧め本がこちらです

ブログ瞑想本.jpg

「やさしくなりたいあなたへ贈る慈悲とマインドフルネス瞑想」有光興記著作


著者は心理学者なので

慈悲の瞑想そのものが

どのように心に働きかけるのか?といったことも詳しく解説されています


私の場合、慈悲の瞑想の文言も長いので

何度も雑念が湧いて

文言も忘れてしまいがちでした

それで自分にフィットする言葉に変えると良いという

アドバイスは参考になりました


例えば「生きとし生けるもの」に対する慈悲の瞑想フレーズも

余りにも漠然としているので

言葉と同時に地球のイメージや

アフリカの野生動物、アマゾンの密林を思ってみたり

映像もプラスして浮かぶようにしています




また、疲れていたりすると

日によって瞑想が上手くいかない時もありますね

そこで落ち込んだりするのは

非常にもったいないです

◎過度に瞑想に集中しようとしない

◎変化も小さいけどそれでOK(←神秘体験など期待しない!)

といったことが大事だと

気づかされました!


瞑想自体に失敗も成功もありません

ただ継続することで

「心の筋力」をつけてゆくことを目指しています

リハビリや筋トレと同じですね



私は苦手な人に会う前に

その人をイメージして慈悲の瞑想を頻繁に行うようにしています

不思議とその人を目の前にしても

落ち着いた気持ちで接することができました


さらに驚いたことに

数か月後には

その人とはごく自然な形で

疎遠になるといったことも

実際に経験して

慈悲の瞑想の効果を実感しております

(こちらの波動が変化して相手も何か変化するのでしょうか…?)



瞑想は指導者について学ぶ方法がベターと思いますが

物理的にそれが難しい人にも

慈悲の瞑想のやり方を「自分にも出来る!」と確信させてくれる本です

やさしくなりたいあなたへ贈る 慈悲とマインドフルネス瞑想 - 有光興記
やさしくなりたいあなたへ贈る 慈悲とマインドフルネス瞑想 - 有光興記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント