指圧練習で気づいた脛の感覚

おかげさまで怪我をした手のひらも

傷口が徐々に回復してきました

さて、指圧の自主練習は続きます


このところ肩甲下部で

膝をついた時に

床に着いた脛の感覚を味わっております


確かに圧す時の動作は

膝関節を動かして→腰が動いて→そのまま拇指に向かう

という流れでがあるのですが



よく考えてみると…

膝関節、そして、床を支えているのは

脛だった!ということに気が付きました


ブログ脛.jpg


脛全体がしっかり床に着いて(もちろん足首やふくらはぎが緊張せずに)

支えていると

素直に膝関節を動かせます

大腿部の垂直も保持できるし

膝関節の感覚もクリアになりますね

まだまだ学ぶことが多いです!




大昔、指圧学校在学中に

なんとかして強く押そうと

脛まで浮かしてグイグイと

前のめりに押していた

そんな「若気の至り?」を

思い出しましたが

受け手側も施術者の指も危険なので絶対にマネしないで下さい~~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント