マインドフルネス指圧の効能とは?

昨今、ブームとなっているマインドフルネス

「今ここに気が付いている状態」を指しているそうです

五感を味わうことによって「思考」に捉われない状況を

出来限り保持するといったところでしょうか

簡単に書いていますが

一種の「悟り」ですね(汗)



瞑想を続けていると

日常生活の99パーセントが「思考」で

占められていることに気が付きます


しかも

たいてい繰り返し「同じ思考」がループして

信念へと固まっていくのですね(怖)

(物の見方も同じになって

「あの人はいつも○○だ!、私はどうせ○○な性格だ」と決めつけてしまいます)

ですので瞑想は頭のリフレッシュ再起動としても

物の見方の”目ウロコ掃除”にも

とてもお勧めです♪




さて、指圧をしていると

本当にいろいろなことを「思考」していますね


圧し始めてすぐに

部屋のテレビの音(高齢の方は音量MAXの場合が多いです・汗)

急にそのワイドショー番組の芸能ネタについて話しかけてくるご家族

急に布団に乗ってくる飼い猫や犬

幼稚園がお休みで介護ベッドの周囲を走り回るお孫さん(笑)

あぁ、時間内に施術終了できるのか?

急に雨が降ってきたけど次の患者さんのお宅へは間に合うか?


こうして周囲が気になったり

その上に余計な「思考」に流されて

何処を圧していたのか施術の手順が

分からなくなってくることもあります



そこでマインドフルネスの出番です

拇指の感覚

患者さんの筋肉の感覚

そこに「今ここ」で気づく

もちろんすぐに「思考」(というか雑念・妄想)は出てきますが

あえて川へ流して(というイメージで)

また「今ここ」の感覚に戻ってゆきます

(これに腹式呼吸が加わればベターですね)



ふと気が付くとスポーツ選手のように「ゾーン」に入っていることも増えました

ブルース・リーの映画のセリフで有名な

「DON’T THINK FEEL!」(考えるな 感じるのだ!)の世界です



患者さんもさらにリラックスしてもらえますし

拇指の感覚が鋭くなって効果も上がった気がします

なにより施術中や終了後も疲れないので

マインドフルネスの練習はお勧めします

迷ったら「今ここ」です♪






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック