ヒプノセラピーを受けて出てきた過去世

久しぶりにヒプノセラピーを受けてきました

今回は個人セッションではなく

グループセッションでのお試しセラピーに参加してきました


まずはセラピストさんから

1時間ほどレクチャーや質疑応答があり

前世療法を受ける際のコツなども解説していただきました


さて、クライアント数名が寝っ転がって

セラピストさんによる誘導が始まります


最初は体の緊張を解いて

徐々に催眠状態に入ってゆきます…

おぉ!画面一杯に

派手な青色のヒンズー教の神様が現れました


(色鮮やかでまるでインド映画のオープニングのようです)


前世の人物の確認をしていきます

足元はサンダル履きの浅黒い肌の色の足が見えます

外側から自分の容姿を眺めると(←視点は自由に動きます)

顔は彫の深い、濃い~顔の南アジア系の男性?

肩まで伸びた黒髪(若干、強面なジョージ・ハリスンな感じ?)や

白色の質素な服装も浮かび

腰に剣をぶら下げています


画像


(※浮かんだイメージを描いてみました

背景には何か農作物(稲穂?)のようなものがありました)



どうやら彼は村?というか土地の警護をしている人のようです

田んぼや畑のあぜ道を歩き回る場面が浮かんできます

遠くの田んぼには農作業をしている人もいるようでした

24時間ずっとその土地で収穫される穀物などを見張っているようでした


セラピストさんに時間や場所を尋ねられると

浮かんできたのは西暦400年頃のインドと

自然に頭に浮かびました(汗)

名前はサリ〇〇…ナントカ?とかはっきりしないけど

インドっぽい名前でした(←アバウトですいません!)


警備という仕事柄、警戒心が強く

人を信じていないというか

他人と心の距離を置いていました

そして、非常に孤独な感じが伝わってきました

(その他のヒプノセラピーでも、私はこういった”孤独な人物”が前世に出てくることが多いです・汗)



最後に出会った前世の人物とメッセージをもらうためにハグしてみましょうと

セラピストさんから指示がありました

彼と手をつないで「警戒心を解いて孤独を癒す」よう

現世の私からエネルギーを送るイメージをしました

そして前世の自分に挨拶をして

段々と今の体に戻ってくるよう誘導してもらいました


ここまでで経過時間30分くらいでしょうか…



こんなに色鮮やかにイメージが出たのも

何度かグループや個人セッションのヒプノセラピーを受けたからだと思います

20年以上前に初めてグループでヒプノセラピー受けたときは

何もイメージが出てこなくて焦ってそのまま終了したこともあります(涙)

(また、瞑想を習慣にすると前世などのイメージが出やすくなるのでお勧めです)


セラピストさんの言葉で印象的だったのが


たとえ前世が何であろうと

潜在意識から、今現在の自分に「気づき」を

与えてくれる事が一番重要であるということでした



私の場合、今回のセッションでは「過度な警戒心が人との距離感や孤独を招く」というのが

キーワード=気づきだったなぁ~と思いました


確かに対人関係や仕事上の失敗などを

警戒して緊張しすぎる自分がいましたね…

こうして周囲の人たちとも距離が出来ていたかもしれません

前世のお役目はもう終了して(笑)

日常生活でもこのことを念頭に置いて活かしていきたいです

また何より現世の自分から前世の自分に対して癒しのエネルギーが送れたのは

大進歩だったと思います!

セルフ前世療法 (誘導音声ダウンンロード特典付き)
クラブハウス
根本恵理子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック