映画「ゼイリブ」公開から”30年後の世界”

ジョン・カーペンター監督の

SF映画「ゼイリブ」を観てきました

画像


懐かしい!

劇場公開当時は観ていませんが

テレビ放映をチラリと見た記憶があります


貧富の格差が激しいアメリカ

実は一部の富裕層がエイリアンと手を結んで

地球全体を支配していた!というSF映画です



プロレスラーのロディ・パイパー主演なので

プロレス技を駆使した格闘シーンが長めに続くのもご愛敬ですね

また、今のアメリカンコミックのVFX映画に見慣れていると

特撮技術やカット割りが随分とのんびりしていますが

B級映画の”アナログ感”満載で楽しめます(笑)


しかし

1988年制作のこの映画も30年が経過し

改めて観てみると

単なるSF映画ではなく”ある種の予言が当たった”ような内容で

ドキリとさせられます


主人公が特殊なサングラスをかけると見える

醜い骸骨エイリアンや

(主人公がエイリアンだけを容赦なく虐殺するシーンも恐ろしい!)

雑誌やテレビなどマスコミから流れた情報

広告や紙幣に刷られたサブリミナル効果は

すごい風刺というか皮肉の効いた

まさに今現在の身近な風景を映し出しているように思います


「華氏119」と同時期に

この映画がリバイバル公開されたのも

何かの因縁でしょうか…?

ちなみにカーペンター監督の音楽(←シンセの音が懐かしい)も楽しめます♪

ゼイリブ 通常版 [Blu-ray]
TCエンタテインメント
2014-09-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ジョン・カーペンター 読本
boid
2018-10-19
黒沢清

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック