「華氏119」はマイケル・ムーアの恐怖映画

初日に観てきました

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画「華氏119」

画像


冒頭、ニュースキャスターたちの

嘲笑的な「トランプが大統領?ありえないでしょ?」というコメントの数々

そして選挙戦スタートから

共和党の候補者をこき下ろすトランプの舌戦

あれ?ヒラリーが盤石ではないの?

アメリカ初の女性大統領誕生は?と

だんだん怪しい雲行きになっていくニュース映像の数々

マイケル・ムーアならではの「演出」です


同時に

ムーア監督の出身地の知事が関わった水道水汚染疑惑や

高校での銃乱射事件で立ち上がった高校生や若者たちの全米デモ集会

こういった問題も絡めて

そもそも民主主義って誰が主役なんだっけ?という提示を

ムーア監督は繰り返し訴えてゆきます


活躍して欲しい政治家に個人が献金するのもいいけど

大企業からの献金で企業のためだけに政治家が動くっておかしくない?

銃規制に及び腰なのはなんで?と素直に問う高校生


一番ショックだったのは

当時のオバマ大統領が水道水汚染疑惑の解明のため

現地に乗り込んで記者会見で

コップ一杯の水道水を飲むシーンでした

「あざとい」と取るか「敢えて飲んだ」と取るか・・・・

もちろんニュース映像もムーア監督の「編集・演出」がされているので

さすがのオバマさんも「これはフェイクだろ!」と怒り出すかもしれませんが


野党の民主党の重鎮たちも含めて

有権者目線をすっかり忘れて選挙対策と保身を繰り返す

そんな政治にうんざりして、生活にも困窮して投票しなくなったアメリカ人たち

その隙間に

トランプ大統領が「あの歴史をまた繰り返しかねない」と

今から約80年前にドイツから発生した1人の男の狂気と野望を重ねてゆきます(怖)


「華氏911」公開当時は国債紛争に関わる「アメリカの問題」として映画を観ていましたが

「華氏119」は肌で恐怖を感じる世界が身近に迫っていると思いながら観ました

【映画パンフレット】華氏119
東宝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック