大リーガーだった前世を記憶する少年

ある日、自分の子供が

「昔、僕がお父さんみたいにのっぽだった時」と話し始めたら…

しかも、往年の大リーガーであるルー・ゲーリック選手の写真を見て

「これは僕だよ」と言い始めたら…

画像



「ぼくはのっぽの大リーガーだった」キャッシー・バード著作(ナチュラルスピリット刊行)


しかも、ほんの2~3歳の子供なのに

野球フォームもきれいで

思わず大人たちも驚くほどの体の使い方をしているとしたら…


そして

「お母さんはその時も僕のお母さんだったんだよ」と言われたら…





自分たちの通うキリスト教会が輪廻転生を異端としている事や

自らの信仰心や周囲の人たちからの理解が得られるだろうか?と苦悩しつつも

息子の言葉を否定せず

ルー・ゲーリックとその母の生涯について調べ始めます


ベーブ・ルースとの不仲や

ルーの結婚生活での嫁姑の関係

ALSという病で亡くなった事

ゲーリック家の移民記録まで調べていくうちに

息子の今までの発言とルー・ゲーリックの人生が

ほぼ合致していることが分かります!


そして自分もヒプノセラピーを受け

ルー・ゲーリックの母親だった時代の

風景が細かく浮かんできます


果たして輪廻転生は本当なのか?

あるいは単なる思い込みの産物なのか?




ゲーリックの生家を訪ねると

ヒプノセラピーで見た通りの間取りであったり

驚くべき事実もありますが

なによりもこのパワフルなお母さんと家族が息子を愛して

そして大リーガーの前世があろうがなかろうが

野球を通して成長することを見守っているのがとても良いなぁと思いました

スピリチュアルな物語というだけでなく

ルー・ゲーリックに関する記録をリサーチしてゆくドキドキワクワク感も味わえます

また、息子さんの写真をよく見ると

ルー・ゲーリックの面影があるのにちょっとびっくりしました…(汗)



また実際の大リーガー選手やドジャース監督も出てきて

大リーグがアメリカ人にとても愛されていることが分かります

ハリウッド映画化も決定されているそうなので

心温まるドラマになって公開されると良いですね~

ぼくはのっぽの大リーガーだった ― 前世記憶をもつ野球少年の、真実の物語
ナチュラルスピリット
2018-07-04
キャシー・バード

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



セルフ前世療法 (誘導音声ダウンンロード特典付き)
クラブハウス
根本恵理子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック