指圧師になる前に出会った衝撃の本です

オステオパシーの治療家による名著です

「いのちの輝き」ロバート・C・フルフォード著作(翔泳社刊行)

画像


20年以上前に翻訳本が出版されましたが

今も版を重ねているロングセラーですね

アメリカのオステオパシー治療家が豊富な症例を読みやすい形で紹介してくれていますが

それだけでなく

西洋医学だけに頼らない生き方や過激な文明批判をサラリと語っているのがカッコイイです

指圧師になる前に読んで

この人超カッコいい!と思ったのを覚えています

その後、数年間フラフラして(汗)ようやく指圧学校に入学できたわけですが

この本が私を”指圧人生”へ導いてくれたようにも思えます


本書には活動過多の子供への治療が書かれていますが

オステオパシーなどの手技療法も有効なのですね

そういえば日本でも

増永静人氏が歩けずに小児麻痺と診断された子供を経絡指圧で治療したのを

本で読んでビックリしましたが

脳脊髄液の循環や頭蓋骨の微細な動きを調整するオステオパシー治療や

全身指圧や腹部指圧などで改善される

子供の原因不明の症状も

まだまだたくさんあるのではないか?と思います

手技療法をやる方や

指圧師でまだこの本を読んだことのない方はぜひ読んでみてください

お勧めします!

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
翔泳社
ロバート・C. フルフォード

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック