ゲシュタルトセラピーってどんな心理療法?

この2か月ほど

ゲシュタルトセラピーという心理療法に通っています

そこでセラピスト(ここではファシリテーターと呼びます)さんから受けるワーク(個人セッション)の際に

自分の中から思いもよらぬ感情や過去の記憶がどっと出てくることがあって

これがなんとも(あくまでも私の場合ですが)

心身ともに堪えます


ワークを受ける前は何を話そうかと緊張して

ワーク中も感情や思考が激しく渦巻いて

ワーク後は感情を出してウヮっと泣いたりすると

これまたグッタリしてしまいます

(特に人前で泣くのは凄く恥ずかしいです…)



画像




ゲシュタルトセラピーを受けて

スッキリ!という感覚は

まだ実感できていません

(もちろんワークを受けて貴重な気づきを得たりできます)

ただ、2か月経過して

ようやく自分の心の声に

素直に?耳を傾け始めたようです




ゲシュタルトセラピーを受けに行くのが

辛いというのが正直なところです

イメージとしては

「ジクジクした傷口の痛み」をあえて触る感覚です

でも、きっと心の中の蓋が開いて

いろいろな不純物&不要物が排出され始めているのでしょう

あぁ、でも辛い~(涙)

下記の本はとても分かりやすくゲシュタルトセラピーについて解説してくれています

実際のセラピーがどのように行われるのか

読みやすい文章で述べられています

興味を持った方にはお勧めです!

気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法
春秋社
百武 正嗣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 気づきのセラピー―はじめてのゲシュタルト療法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



家族連鎖のセラピー―ゲシュタルト療法の視点から
春秋社
百武 正嗣

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 家族連鎖のセラピー―ゲシュタルト療法の視点から の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック