指圧師にも大切な”セラピストマインド”

ヒーラーやセラピスト、カウンセラーなど

(もちろん指圧師もそうですが)

「人を癒す」仕事をしている人に対する

心構えを説いた本です

画像


「セラピストマインド」片岡美沙著作(致道出版刊行)

大学院などで学ぶ臨床心理士は

指導者から教育分析(自分自身の精神分析)をしっかりして

クライアント(患者さん)に向かい合う力をきちんと養ってゆくようですが

いわゆる巷の”自称ヒーラー”の中には

単なるお説教や自分の価値観を押し付けて「ハイ終了」という

酷いワークをする輩もいるようですね


著者は

こういった職業に就くには

まず自分の心を掃除してから

患者さんに向き合うことが大前提であると述べています



患者さんとの関係も

(相性はあって当然ですが)

こちらの心の掃除が出来ていないと

自分のダークな(見たくない・見えない影)部分を

無意識に患者さんに投影して

「(患者さんに)治そうとする気持ちが足りない!!」と憤慨したり

「私の技量不足で治せないのだ…」といたずらに自分を責めたり

その患者さんに対してモヤモヤしたり

会うたびにアタフタして疲弊することも…



患者さんとの関係も含めて

あらゆる人間関係は

よく言われるように”自分の鏡”なので

よ~く鏡を磨くのが大切です

もちろんこういった掃除も

これで終わりということがないので

一生続くわけですが(汗)



ちなみに

わたしも患者さんの言葉にはよくヘコみました

「もっと強く圧してください」が地雷でした(笑)

今は自分の指圧に自信がついてきているので

「では繰り返しゆっくり圧しますね」とか

もう一度同じ部位を圧して

「さっきと当たりが変わってきましたか?」と

こちらが主導権を握りつつ

それでいて患者さんにも

納得してもらえるような言葉(セールストーク?)を繰り出しながら

施術ができるようになりました



こちらの心の状態(や掃除による変化)によって

地雷となるキーワード(笑)や

苦手なタイプの患者さんも

いつの間にか気にならなくなったり

出会う機会もなくなったりします


本書は

セラピスト自身のメンタルケア方法や

どうしたらより良いセラピーの結果を出せるのかを

理論的にたくさんの具体例を提示してくれています

著者の「地に足のついた」文体は信頼できるものです

ある程度の経験者は「そういうことってあるよね~」と

うなずきながら再確認しつつ読めますし

初心者の方も「そうだったのか!」と納得して読めますよ

こうした「セラピストマインド」は

癒しの仕事をするうえで非常に大切なので

ぜひ続編を希望します!

セラピストマインド: 癒しの基本となる心の整え方
知道出版
片岡 美沙

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by セラピストマインド: 癒しの基本となる心の整え方 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック