凄惨メキシコ麻薬戦争を描く映画「ボーダーライン」(※ちょっとネタバレあります)

美人英国女優エミリー・ブラント主演

アメリカとメキシコ国境をまたぐ麻薬組織の撲滅を描く映画

「ボーダーライン」を観てきました

画像



といってもアクション映画ではなく

一筋縄ではいかない作品でした

FBIから出向(というより無理やり志願派遣)させられたエミリー・ブラント

国防総省の「顧問」と称する男(実はCIA)のジョッシュ・ブローリン

そしてアメリカ人でなく所属さえ不明な男のベニチオ・デルトロ


この三人を中心に

メキシコの麻薬組織の幹部やボスに対する

手段を選ばぬ捜査と検挙を描きます

やり方はあまりにも「超法規的」

大幹部をメキシコ(←街中、死体だらけ)からアメリカへ移送する途中(緊迫したシーンです)

沢山の民間人のいる高速道路で幹部を奪還しに来た

麻薬組織の人間たち(←これがまた悪そうな顔!)を問答無用で射殺するなど

さすがにFBIのエミリー・ブラントも疑問を持ちますが

ベニチオ・デルトロの正体が明らかになるにつれ

組織壊滅の本当の理由やアメリカ政府やCIAのその先にある目的も分かってきます(怖)



こうした状況の中で

メキシコの市街では

組織の人質となった誘拐事件、銃撃戦や爆発などが

日常茶飯事に起こっています

警察や軍内部さえ腐敗して信用されていません

そして安全や満足な仕事もないためにアメリカへ不法侵入するメキシコ移民たち・・・・

メキシコの実情も酷いですが

アメリカ情報機関の(ありがちですが)

FBIのエミリー・ブラントを利用するやり方もあまりに非情で救いがありません(汗)


と言うワケで、凄惨で救いのないシーンの連続ですが

この捜査に手を貸し殺戮を繰り返す謎の男デルトロが

不気味さと共に復讐する悲しさを醸し出してシブい

エミリー・ブラントがその謎を含めてだんだんとデルトロに魅了されてゆくのもわかります



ちなみに、アメリカの某大統領候補が吠えている

アメリカとメキシコの国境に壁を造るというトンデモ話が

なぜあれほど一部のアメリカ国民に支持されているのか?がよく分かる映画でもありました・・・

ボーダーライン スペシャル・プライス [Blu-ray]
Happinet
2018-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック