20冊以上の”引き寄せ”本を読んで理解した事

この春から

引き寄せ関連の本を沢山読んできました

画像


なんだかこのところ・・・・・・

画像


引き寄せ本を”引き寄せ”ているような状態です(笑)

上記の画像にあるような本だけではなく

著者によって

引き寄せの解釈やルールは

似たところもあれば

細かいところでは

かなり差異もあります


また、欧米人の書いた引き寄せ本は

やはり以前、ブログでも書きましたが

日本人のメンタリティに合わない部分もあります


こうしていろいろな本を読んできた結果

私の(たったの数カ月ですが)実践と

(あくまでも個人的な)解釈ですと

「引き寄せ」には

○日常生活でリラックスする時間を持つ

○執着せず、リクエストしたら手放す(←ふぁっと風船を飛ばすように忘れるイメージです・笑)

○脳内ネガティブトークに気付いたら切り替えて

なるべく明るい気分でいること

○身体を動かしてエネルギー(汗をかく・血行を良くするなど)を循環・発散させること

以上のように

出来るだけお気楽に柔軟性と

子供心を持って生きるのが

私にとっての”引き寄せ”に重要な要素のようです


(う~む、私のような左脳人間にはちょっと難しいか・・・でも練習してみます)


逆によく本に書いてあるように

引き寄せたいものを

紙に何度も書いたり

お経のようにアファーメーションしたり

頭の中で詳細にイメージしても

私の場合は引き寄せが上手くいかないようです

ガチガチに頑張りすぎて

かえって引き寄せを妨害しているようです(笑)


また、どなたかのブログで読んだのですが

「思考」(←いつも頭の中で考えている、やってみたいことなど)によって人間は行動も変わります

しかし

単なるふんわりとした「願望」(←ロト6当らないかな~とか他力本願なこと・笑)を持っても

実現の難易度は高い(←まぁ100年くらい買えばいつか当るかもしれませんが・・・)そうです

この違いも大きいのかもしれません

思考なのか単なる願望なのか

その辺を引き寄せる際に

ごちゃごちゃしていると

叶いにくいと思いました(汗)


引き寄せ本によっては

「妄想するのが大事です」と書かれていたりしますが

妄想=思考

妄想=願望


と言葉の使い方や解釈が著者によって

違うのでちょっと混乱しますね


やはり

個人の性格などによって

引き寄せの法則も

ケースバイケースのようです


ただし、引き寄せ本を1~2冊読むだけで

「ほらやっぱり!引き寄せの法則なんて効かないじゃないか!!」と

見切りをつけるのはもったいないです


是非いろいろな著者の本を読んで

自分に合った引き寄せ方法

試してみる事をお勧めします!

まずは小さなことから時間をかけて練習すれば

以前から食べたかったお菓子(笑)をひょいっと誰かからもらうなど

ちょっとしたラッキーなことは誰でもすぐに引き寄せられます♪

引き寄せの法則 (講談社文庫)
講談社
2012-04-13
マイケル.J・ロオジエ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 引き寄せの法則 (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック