足指でカラダが変わるし便通も変わる!?

最近、マイブームの「骨盤おこし」で

このブログでも関連書籍をいくつかご紹介させていただきました


同じ著者が足指に特化して書いたのが本書です

画像


「足指でカラダが変わる」中村考宏著(日貿出版社刊行)


骨盤おこしの重要性だけでなく

現代人がいかに足指を意識せず

また使いこなせないことで

弊害が生まれているかを説いています


昔の体育の授業だと

ランニングやマラソンでは

足の親指で地面を蹴って前に進めと教わりました

(今はさすがにそういったトレーニングはしていないと思いますが・・・)

しかし、これが足を痛めてしまう原因になるそうです(汗)

詳細は本書を読んで見てください

目からウロコです!


本書を読んで

私は歩行時の重心移動(スタートはできるだけ前重心で)は

小指・薬指側のラインに沿って流れるイメージで

足の裏を感じながら歩いています

また、足指を小指側から順番に曲げてゆく

足指握りは毎日やっています

先日はこの運動で

なぜか普段動かさない臀部の筋肉がゆるむ感覚がありました

おかげでだいぶ足指が広がるようになりましたし

小指や薬指の感覚も意識できるようになりました


身体の感覚を意識すると

なにげない毎日の動作(歩くことなど)が

実は凄い複雑なことをやっているのだと痛感しますね

カラダさんありがとう!と言いたくなります

また、いかに「頭の中」だけが忙しいか

考え事ばかりで人生を過ごしていたかを実感しました

ブルース・リーではないですが

「考えるな!感じるんだ!!」と今までの自分に言いたいです(笑)


画像


なにより最近うれしいのは

朝、トイレで骨盤おこしをして腹圧をちょっとかけると

「大」が気持ち良いほどスルスルと出ます!!


もともと便秘ではないのですが

トイレットペーパーで拭く必要がないのでは?

と思うほど

スーっと出て、パっと切れます(笑)

骨盤おこし恐るべし!!


引き続き

骨盤おこしと足指の感覚を意識して

生活してゆきたいと思います

また身体や生活に変化がありましたら

ご報告させていただきます


趾でカラダが変わる
株式会社 日貿出版社
中村考宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 趾でカラダが変わる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック