腰痛の不安から逃れられる本を発見!

このところずっとこのブログでも取り上げています

起床時の腰痛


いまだに朝(←明け方ですね)目が覚めたら

腰の周囲が重だるい・痛いという地獄の日々が

かれこれ2カ月近く続いています

そして雪が降りそうなこの時期の冷え込み・・・・・

腰痛の条件としては最悪な季節(泣)


自分も指圧師として

なんとか解決できないものか?

心身ともに悶えていると

腰痛患者さんの気持ちがよく分かります(涙)


そこで読んだ本がこれです!

画像


「お医者さんがすすめるツボ快癒術」代田文彦著作(講談社刊行)

頭痛・肩こり・腰痛・不眠・便秘・膝痛・めまいに心の不調・・・・・

症例の数々に対して

それぞれのツボにお灸や指圧をすると

症状が治まりますと

分かりやすい文章とイラストで書かれています


代田先生の本で一番、惹かれたのが楽観的な所です(笑)


なぜなら、患者さんにとって痛みで

とにかく不安なわけですが

この本を読んでツボを押さえたり

お灸やドライヤーで温めたりするだけで

「なんとな~く治ったかも?」という気持ちにさせてくれます

本当は(もちろん根治も大事ですけど)こうした不安を取り除くのが

一番の治療なのですよね


と言う訳で

私も明け方は腰痛を感じつつ

布団の中でこの本にある

足三里や中封

照海に太衝など圧してます

日によってツボの効き目が違ったり

全く効かなかったり(涙)

いろいろですが


また、寒くて布団の中でも足先や下肢全体が冷えるときは

足の指をグーパーしたり

足首をグルグル回したり

とにかく動かします

(たくさん靴下をはいたり

暖房を入れたり

また山盛りに布団をかけるより

末端の血行を良くした方が身体の調子も良くなります)


それでもダメなら

「おしりの筋肉をギュっと締めてパッと脱力」する方法をお勧めします

片方ずつお尻を締めたり

肛門を締めて

パッと開いたり(笑)

いろいろ布団の中で試してみてください


他に太ももとふくらはぎも

締めて脱力を片足ずつやってみるとか


気がつくと下肢~足全体がポカポカしてきます


くれぐれも1日だけやって

「やっぱり効果ないや」と

諦めないようにしてください

継続は力なりです

お尻もキレイにキュっとカッコよくなります(笑)

ついでに便秘も解消するかもしれません



冷えて眠れない夜

お尻筋トレ・または肛門筋トレも

思い出してぜひやってみてください!!


お医者さんがすすめるツボ快癒術 (講談社SOPHIA BOOKS)
講談社
代田 文彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by お医者さんがすすめるツボ快癒術 (講談社SOPHIA BOOKS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ひとりでできるツボ療法
日本放送出版協会
代田 文彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック